我れ若し女帝の密使なりせば

lecorsaire.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『アラーシー王子とフィルーズカー王女の物語』(ウィリアム・ベックフォード)


人を見るとき見通しが利きすぎるのは大怪我のもとです。獰猛なけものと自分が暮らしていると思っているだけで、自分自身獰猛なけものになってしまうのです。


(私市保彦 訳)


d0242071_16435690.jpg

[PR]
by lecorsaire | 2011-09-08 16:44 | 銘句

石川慶 舞踏公演 「珠殷のカケラ」





"種を掻き集める。拾っても拾っても指の隙間から見事に滴っていく。"






「珠殷は 、しゅあん とお読みください。




・・・・この閉ざされた





















・・・・・・・・・・・・空間こそが・・・・・・・・・・・・・・・・















『我が舞踏・








Bercear d'space (天空揺籃) の、王国』」



2011年10月1日(土)、2日(日)

 開場19:00     開演:19:30
 前売り:2000円、当日:2500円


所:東生田会館(川崎市多摩区枡形3-3)
  小田急線向ヶ丘遊園駅南口徒歩15分

予約、問い合わせ:090 4155 3268(石川慶)
            080 1879 5298(高橋理通子)
            045 932 2039(舞踏天空揺籃 吉本大輔)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1183213


舞踏天空揺籃2011年度5月 高橋理通子「百年時計」に続く第二弾、
一昨年好評を博した石川 慶舞踏公演「さらば、シリウスー白鳥の抄」に続く「珠殷のカケラ」



d0242071_1927791.jpg
石川慶チラシ作成、音楽構成、美術、衣装等に己自身を晒し、果敢に打ってでています。

「川向こう」(多摩川を越えて)にある小さな王国
東生田会館を拠点に舞踏が本来あるべき「独舞踏」を主目的とした公演を続けています。








"Voyage au bout de la nuit"

夜の果てへの旅まで・・・・・・






































ほほう、












「王国」であることを、疑いますか?














東生田会館までの道じゅうに、「舞踏-天空揺籃 慶組」 石川慶公演の写真が
ダイヤモンドの研磨のように、貼りめぐらされます。10月1日と2日は、一帯が領地になります。
耳有る者よ、一斉に鳴る鐘楼のこえを聴くがいい。


ダイヤモンドの中に、錬金樹の術の奇蹟に、囚われましょう。



ダイヤモンドだけだ、
ダイヤモンドを切断できるのは。
[PR]
by lecorsaire | 2011-09-02 19:27 | 宣伝!

「騎上の陛下におかせられては周知のごとく、人生はもっとも大胆で華麗な賭けをうたう剣とマントの物語でございます」


by lecorsaire
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite